スポンサーリンク

季節の違いによって、呼び方が変わる

完全に米をつぶしたり、米粒が残った状態につぶした半殺しとか
あんこが粒あんだったりこしあんだったりいろんな違いがありそうですが
季節の違いによって、呼び方が変わるというのが一般的なようです。

漢字で書くと

おはぎ→お萩
ぼたもち→牡丹餅
となり漢字からもわかるように

「おはぎ」の語源は、秋の花「萩」から
「ぼたもち」の語源は、春の花「牡丹」からきています。

つまり春のお彼岸の時期に食べるものが ぼたもち
秋のお彼岸に食べるものが おはぎ

というわけです。

ちなみに今ではおはぎで一年中通している和菓子屋さん等が多いです。

他の季節では?

春や秋で呼び方が変わるおはぎですが
夏や冬にも呼び方があるんでしょうか?

調べてみると
夏は夜船
冬は北窓
と言われていたようです。

おはぎ1つをとっても、自然や季節との結びつけて4つの名前をつけるほど
表現豊かで感性のある日本文化に改めて日本はすごいな〜と思いました。

 
ブログに書けない秘密の情報等はこちら↓

ほったらかしで毎月5万円稼ぐ方法がすごい!

毎月5万円楽して手に入れられたら何に使います?
0213_yji_01_03_17
top