最近は期間限定のHPや不祥事なんかで気づいた時には削除されて見れなくなったHPとかありますよね。
そんな削除されたサイトでも見れないと諦める前に、以下の4つの方法を試してみましょう。
効果の高い順に紹介していきますね。

1、internet archive を使う

internet archive


Webのところに見たいURLを打ち込んでTake Me Backをクリックするだけ

またはWebのところをクリックして
The Wayback Machineのところに見たいURLを打ち込んでTake Me Backをクリック
たったそれだけの事で削除されたサイトをかなりの確率で見る事ができます。

2、キャッシュを利用する

これはYahoo!やGoogleのキャッシュを利用する方法です。
検索した時にサイト名の下のURLの右のところに「キャッシュ」って表示されているのご存知でしたか?
そこをクリックするだけで消されたページでも表示する事ができます。
ただ、検索エンジンにひっかからないようなサイトでは見る事ができない事も多いです。

スポンサーリンク

3、ウェブ魚拓を利用する

ウェブ魚拓は、もともとウェブページを引用するためのツールですが
消されたサイトを誰かが魚拓をとっているかもしれないので検索してみましょう。
ウェブ魚拓

4、誰か引用してないか探す

3番目のウェブ魚拓を使う方法から、他力本願になっていますが、
ブログやサイト等に誰かが引用していないか検索してみましょう。
意外と話題になったサイトだと引用されてる事もありますよ。

まとめ

以上4つが削除されたサイトを見る方法でした。
一番お手軽で削除されたサイトを見るのに効果があるのが
2番のYahoo!やGoogleのキャッシュを利用する方法ですね。
通常ならこれでOKだと思います。

ちょっと面倒ですがかなり強力なのはinternet archiveです。
表示されるのに時間がかかったりしますが経験上かなりの確率で期間限定のHPでも削除されたHPでも見る事ができますよ。
お試しあれ

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして
メルマガに登録してね。

おすすめ記事