4タイプ

人間は4タイプに区別できるそうです。
といっても血液型の話ではなく
学習パターンの話です。

人間の4つの学習パターン、思考パターン

4つの学習パターン、思考パターンとは

1、なぜタイプ
2、なにタイプ
3、どうやってタイプ
4、いますぐタイプ

です。

もう少し詳しく書くと

1、なぜタイプは、

何かをやる時に「なぜそれをやる必要があるのか」と考えます。
理由、メリット、しないとどんなデメリットがあるかわかると動けるタイプです。

2、なにタイプは、

「それは何なのか」と考えます。
具体的な内容、例や証拠あると動けるタイプです。

3、どうやってタイプは、

「どうやってやればいいのか」と考えます。
方法がわかると動けるタイプです。

このタイプはステップバイステップが効果的です。
ステップ1 まずサーバーと契約します。
ステップ2 WordPressをインストールします。


4、いますぐタイプは、

「いますぐどうすればいいのか」と考えます。
それを知った今、何をすべきなの?と
すぐにできる行動をとにかく知りたがるタイプです。

このタイプは行動を促してあげるといいでしょう。

順番にも意味がある

順番にも意味があって
タイプの多い割合順に並んでます。
また、なぜタイプ と なにタイプが混ざってる人もいます。

プレゼンする時や、人・子供に何か行動して欲しいときなど

理由、メリット、しない場合のデメリット
具体的な内容、証拠
ステップバイステップ
行動を促す

スポンサーリンク

など気にしてみてはいかがでしょう?

4つの学習パターン、思考パターンを使った例

子供●●ちゃんがどうしてもお風呂に入るのを嫌がる場合を考えてみましょう。

 

 

母:●●ちゃん、そろそろお風呂に入りなさい。
子:お風呂なんて、やだ〜 入らな〜い

母:●●ちゃん、お風呂に入らないと体がすご〜く臭くなっちゃうのよ〜(しない場合のデメリット)
子:別に臭くなってもいいもん、入りたくな〜い

母:そう?でも●●ちゃんが臭くなったら、●●ちゃんが大好きな〇〇子ちゃんに嫌われちゃうわよ(しない場合のデメリット)
子:え!それはやだな〜

母:お風呂に入って体を洗うと、綺麗になるし、清潔な男の子は女の子に好かれやすいのよ(具体的な内容、証拠?)
子:そうなんだ〜

母:浴室に入ったら、湯船に入る前にかけ湯するでしょ、それから湯船に入って体があったまったら次は頭を洗うのよ、そして・・・(ステップバイステップ)
子:ふ〜ん、わかった〜

母:じゃあ、お風呂準備できてるから、すぐのお洋服脱いでお風呂入ろうね〜(行動を促す)
子:うん、わかった綺麗にするよ〜

 

 

どうでしょ?
綺麗に4タイプ順番にはなってないかもですけど

 

 

母:●●ちゃん、そろそろお風呂に入りなさい。
子:お風呂なんて、やだ〜 入らな〜い

母:やだじゃないわよ、早く入りなさいよ
子:やだやだ、入りたくない

母:わがまま言うんじゃないの、早く入らないと怒るわよ
子:入りたくないもん、やだもん、やだもん、わ〜ん(泣き)

ってのよりは動いてもらえそうじゃないですか??

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして
メルマガに登録してね。

おすすめ記事