スポンサーリンク

武器輸出三原則と韓国

韓国が銃弾足りなくなったから、
日本に直接&国連を通じて要請してきて
提供した事に対して野党がブツブツ言ってますが

嫌いな国でも、ピンチで助けてきてくれって言われたら
助けるのが当然じゃないですか?

原則があるから、
みんなで相談してから決めようとかいってる方が
おかしいと思うんですが

あと韓国政府は「銃弾不足してないもん」とか言ってますが
韓国国内世論をかわす事とか、政治的な事、反日だから
認めたくないんでしょうね。

現場はそれどころじゃないってのに・・・

ま、それを鵜呑みにして韓国政府と食い違いとか
流してるマスコミもどうなんでしょ

ちゃんと韓国側の事情(国内世論とかをかわす為とか)も
同時に伝えているとこもありますが
伝えてなくて

日本国と韓国とどっちの言い分を信じるの?

って感じで報道しているところもありますが
どう考えたって日本でしょ?
誰が韓国なんかの言い分を信じるんでしょうか

さて
そもそも武器輸出三原則ってなんなんでしょう?

というわけで調べてみました。

武器輸出三原則とは

そもそも武器輸出三原則は、
共産圏と国連決議による武器禁輸措置をとられた国、及び紛争地域への武器輸出を禁止したものであり、
他の地域への武器輸出は「慎む」とされているため、武器輸出そのものを禁止しているわけではない。

しかも

武器輸出禁止を直接規定した日本の法律は存在しない。

なので法治国家日本では何の問題もありません。

なにを野党は問題にしたいんでしょうね?

マスコミも過去の政府は
「国際機関から武器弾薬の提供の要請があっても断る」
と言ってたじゃないか!

安倍政権はダメ、見直し反対みたいな論調ですが
過去の政府が言った事をずーっと守らないと行けないなんて
考えてる事自体おかしな事で

それじゃあ何のために政権が交代したり、
選挙があるのか、民主主義の意味がなくなっちゃうじゃないですか
ほんといい加減にしてほしいです。

 
ブログに書けない秘密の情報等はこちら↓

ほったらかしで毎月5万円稼ぐ方法がすごい!

毎月5万円楽して手に入れられたら何に使います?
0213_yji_01_03_17
top