Mac OSX 10.9 mavericksのサブディスプレイ使用時のアプリソフトの挙動不具合対策

と長いタイトルになってしまいましたが、
Mac OSX 10.9 mavericksのサブディスプレイ使用時に
アプリ、ソフトの挙動不具合が起きる場合の解決策、対策がわかったので
記載しときます。

Mac OSX 10.8 Mountain LionとMac OSX 10.9 mavericksでは
サブディスプレイ使用時に違いがありました。
そうです!
OS X Mavericksでは完全に独立したデュアルディスプレイが可能になりました。

今までは(Mac OSX 10.8 Mountain Lion)
外部ディスプレイにはメニューなし
全画面にすると片方のディスプレイが使えない
だったのですが

Mac OSX 10.9 mavericksでは
Macのデュアルディスプレイ環境は完璧に整い完全に独立したデュアルディスプレイとして
使えるようになったのです。

ところが、この仕様変更にアプリやソフトが対応していないことが多いらしく
Snapz Pro X
Camtasia2(Mac用)
など
ある操作に不具合が発生することが多々あります。

スポンサーリンク

そこで、アプリの不具合が解消されるまで
以前のMac OSX 10.8 Mountain Lionと同じサブディスプレイの設定に戻せば
アプリやソフトの挙動はすべて解決できました。

Mac OSX 10.9 mavericksの完全に独立したデュアルディスプレイをやめる

方法は簡単

システム環境設定のMission Controlを開き、
「ディスプレイごとに個別の操作スペース」
の項目のチェックを外して無効にするだけ

これで以前のMac OSX 10.8 Mountain Lionと同じサブディスプレイの動きに戻ります。

 
ブログに書けない秘密の情報等はこちらのメルマガ限定で配信中↓


投げ銭・ご支援はこちら↓
CloudTip

ほったらかしで毎月5万円稼ぐ方法がすごい!

毎月5万円楽して手に入れられたら何に使います?
0213_yji_01_03_17
top