超簡単一目均衡表の見方

なんだか難しく感じる一目均衡表
でも日本生まれだし、未来に線が描かれてる珍しいチャート
極めれば投資に役立つはず

というわけで一目均衡表の事を書いていきます。
 

まずは超簡単に一目均衡表は5本の線で出来ています。
基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン
(波動、時間、計算値なんて難しいことは今は置いておきましょう。)

超簡単に描くとこんな感じ

ichimoku

スポンサーリンク

先行スパン1、先行スパン2で抵抗帯(雲)を作って、基準線、転換線があります。

で、それぞれが抵抗線、支持線になります。

その中を、価格(飛行機)が飛んでいる風に例えられます。

で忘れちゃダメなのが、遅行スパン!
この遅行スパン(飛行機)も価格の後ろを一緒に飛んでいます。

遅行スパン自体もそれぞれの線に跳ね返される+価格自体にも跳ね返されます。

超簡単に言ったらこんな感じです。

超簡単一目均衡表の見方のまとめ

2台の飛行機(価格と遅行スパン)が飛んでるよ
抵抗帯(雲)とか線に跳ね返されたりするよ

超簡単でしょ^^

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして詳細確認してね

 

すぐにメルマガに登録する場合は
下のフォームから登録してね^^

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

おすすめ記事