一目均衡表の遅行スパンとは?

一目均衡表で一番重要なのは遅行スパンって人も多いですよね。

そもそも遅行しパンは終値を26日前(過去)に描いたもの。
ほとんど半値で出来てる一目均衡表の中では、とても単純で異質です。

遅行スパンにどう言う意味があるの?

26日前の価格と比較することで、26日前に買った人がどう言う損益かわかるわけです。

つまり

スポンサーリンク

遅行スパンが価格の上にある場合は、26日前に買って保有している人は含み益の状態でイケイケの状態。

遅行スパンが価格の下にある場合は、26日前に買って保有している人は含み損を抱えて、頭も抱えている状態。

というわけです。

こういう理由から遅行スパンの好転が買いサイン、遅行スパンの逆転が売りサインと判断します。

均衡表の好転・逆転と合わせて、色々な角度から相場を見ることで、騙しを少なくしていくわけですね。

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして詳細確認してね

 

すぐにメルマガに登録する場合は
下のフォームから登録してね^^

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

おすすめ記事