一目均衡表の先行スパン1とは

転換線と基準線の半値を26日未来に描く線

上昇トレンドの深い押しは先行スパン1まで
下降トレンドの深い戻しは先行スパン1まで

一目均衡表の先行スパン2とは

過去52日間の最高値と最安値の半値を26日未来に描く線

長期の上げ相場だった場合、半値にいつ来るのが典型的なのかを示していて、時間の概念が入っています。

価格が先行スパン2に跳ね返されても、もうそんなに力は残ってない状態
価格が先行スパン2を抜けると三役好転、三役逆転となってトレンドが完全に終わり。

スポンサーリンク

なんで26日未来に描くの

52日間一直線に上げて、
同じように一直線に52日間下げるような相場だった場合
半値に到達するのはいつぐらいでしょうか?

下記の図だと分かりやすいかな?青の部分は何日になるでしょうか?
ichimoku3

半値に到達するのは、半分の期間で
52÷2で26日目となるわけです。

こういう相場を典型的な相場と位置付けてるので26日未来に半値の線を描くんですね。

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして
メルマガに登録してね。

おすすめ記事