一目均衡表のトレンド相場とレンジ相場での違い

一般的な本や、証券会社のテクニカルの説明ページでの一目均衡表の解説はトレンド相場のときの使い方です。

トレンド相場での一目均衡表

それぞれの線(遅行スパンを除く)は押し目の限界点(半値=買いと売りの勢力が拮抗する場所)

スポンサーリンク

トレンド相場が続けば続くほどそれぞれの線は価格と平行になる。
 

レンジ相場での一目均衡表

それぞれの線(遅行スパンを除く)はレンジの中心を示す。(半値=買いと売りの勢力が拮抗する場所)

レンジ、ボックス相場、揉み合い相場が、長引けば長引くほど、すべての線は集約して一直線になる。

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして
メルマガに登録してね。

おすすめ記事