一目均衡表5つの線のまとめ

一目均衡表を使って総合分析するためにも、それぞれの線のポイントをおさらいしてみましょう。

一目均衡表の転換線

計算式

(本日を含めて過去9日間の最高値+最安値)÷2

転換線のポイント

転換線は短期の半値で相場水準の目安
転換線の傾きは短期トレンドの方向を表す
転換線の位置は短期勢力の均衡点
短期(9日間)の勢力の買いが優勢か売りが優勢かがわかる

転換線の使い方

安定したトレンド相場は転換線に沿って動く(ボリンジャーバンドのバンドウォークみたいな物)
転換線から大きく放れたトレンド相場は調整が入りやすい(買われ過ぎ売られ過ぎ)

一目均衡表の基準線

計算式

(本日を含めて過去26日間の最高値+最安値)÷2

基準線のポイント

基準線は中期の半値で相場水準の目安
基準線の傾きは中期トレンドの方向を表す
基準線の位置は中期勢力の均衡点
中期(26日間)の勢力の買いが優勢か売りが優勢かがわかる

基準線の使い方

基準線の傾きで現在トレンド相場かレンジ相場かを見分ける
基準線は安定したトレンドの押し目買い、戻り売りポイントになりやすい
レンジ相場の時は基準線がレンジの中心を示す
基準線が下げ出すと、今の価格が最安値トレンド変化の重要なサイン

スポンサーリンク

一目均衡表の先行スパン1

計算式

転換線と基準線の半値を26日未来に描く

先行スパン1のポイント

短期の転換線、中期の基準線と長期の先行スパン2を比べたいが、
先行スパン2は26日未来に書いているので比較しにくい、
そのため短期と中期の半値を26日先行させた。

先行スパン1の使い方

上昇トレンドの深い押しは先行スパン1まで
下降トレンドの深い戻しは先行スパン1まで

一目均衡表の先行スパン2

計算式

(本日を含めて過去52日間の最高値+最安値)÷2を26日未来に描く

先行スパン2のポイント

長期(52日間)のトレンドの半値押し(戻り)になると予測してるのが先行スパン2
26日未来に描く理由

先行スパン2の使い方

先行スパン2を抜けると雲を抜けるということで、三役好転・三役逆転になるのでトレンドの終わり
トレンド時は最終損切りラインの目安

一目均衡表の遅行スパン

計算式

終値を26日前(当日を含む過去)に描く

遅行スパンのポイント

26日前の価格と比較してポジションを持った人が現在どういう損益かがわかる

遅行スパンの使い方

26日前にポジションを持った人が、どれぐらい含み益、含み損を抱えているのか、それが増えてるのか?減ってるのか?を把握して相場心理を想像する。

一緒に稼ぎませんか?

一般販売されていない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、好きな事をして稼ぐ方法など
 

メルマガで無料で紹介して
読者さんと一緒に稼いでいます。
 

濃い情報等はメルマガ限定で配信中です。
いつでも配信解除できますので
お気軽に下記フォームから登録してくださいね。

氏名 
メールアドレス 

※Gmailやプロバイダーメールは届きやすいようです。5分経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーを確認してください。
※それでも届いていない場合は別のメールアドレスを登録してくださいね。

 

・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事