一目均衡表の雲(抵抗帯)でわかること

雲の向き

26日前までの長期トレンドの方向性

雲の厚さ

26日前の52日間の価格変動の大きさ
 大きな上昇・下降トレンドだったら雲はぶ厚くなる
 レンジ相場だと雲は薄くなる

雲が薄いと価格は雲を抜けやすい

雲が薄い=レンジ相場
この時は雲は抵抗になりにくい

スポンサーリンク

雲が厚いと価格は雲で抵抗を大きく受ける

雲が厚い=大きなトレンド相場
大きな上昇トレンド相場があった後の下げは押し目になることが多く、雲は抵抗になりやすい
下げも同様

雲のねじれの位置で価格が変化しやすい

雲のねじれは26日前に長期トレンドの転換が確認されたという意味
一波動の本数は9、17、26が多いから変化しやすい時期かも

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして詳細確認してね

 

すぐにメルマガに登録する場合は
下のフォームから登録してね^^

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

おすすめ記事