一目均衡表で相場環境を判断する方法でレンジ相場と確認したら

レンジ相場での一目均衡表の使い方

それぞれの線(遅行スパンを除く)はレンジの中心を示す。
(半値=買いと売りの勢力が拮抗する場所)

特に
基準線(短期)
先行スパン2(長期)
が相場の中心になりやすい。

先行スパン2は26日先に描いてるので、均衡を見る要領でずらす必要あり

それぞれの半値線の横ばいの意味

転換線が横ばい
9日間の天井と底が変わってない

基準線が横ばい
26日間の天井と底が変わってない

先行スパン2が横ばい
52日間の天井と底が変わってない

こうやって意味を考えるとわかりやすいですね。

スポンサーリンク

一目均衡表のレンジ相場での仕掛け方

レンジの中心から下がった分だけ中心から上昇し、上昇した分だけ下がっていく。
ichimoku

レンジの時は半値線は抵抗線にならない。

でも、半値線が抵抗線になったら??

一目均衡表のレンジ相場からトレンドの変化時の仕掛け方

よくある方法は、レンジ相場の高値・安値を更新したときに仕掛ける方法

でも一目均衡表の場合は

レンジの中心を踏み台にして上放れ(下放れ)するのが典型的なパターンなのでそこで仕掛ける
ichi2

高値・安値の更新より、少し早めに仕掛けられる。

一緒に稼ぐ仲間を募集中

ブログに書けない秘密の情報等は
メルマガ限定で配信中です。

一般では手に入らない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、YouTubeで稼ぐ方法など
無料でシェアしています。

毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
とか、投資やお金に興味のある方は
下の画像↓をクリックして詳細確認してね

 

すぐにメルマガに登録する場合は
下のフォームから登録してね^^

*マークの項目は入力必須です。
氏名* 
メールアドレス* 

おすすめ記事