スポンサーリンク

鏡開きは毎年1月11日におこなわれるのが一般的です。

1月11日に正月の間に神様に供えていた鏡餅を下げて、
一家円満や無病息災と延命を願いながらお雑煮やお汁粉にして食べる習慣が「鏡開き」です。

もともと鏡開きは武家社会の風習が一般化したものなので
鏡もちを刃物で切るのは切腹を連想させるために敬遠され、
手や木づちで割ったり、砕いたりします。

京都や関西の一部では1月4日に鏡開きをする事もあります。

お雑煮のレシピを関西と関東の代表的な物を紹介しておきます。

関東風雑煮
【材料4人前】
切餅4個 鶏肉80g 小松菜120g かまぼこ 海苔1枚
だし3カップ 塩、醤油適宜

【作り方】
1 鶏肉はそぎ切りにしておく
2 小松菜はゆでて5~6cmの長さに切る
3 かまぼこは熱湯を通してから8枚に切る
4 だしを煮立て、鶏肉を入れて弱火で煮る
5 4に塩、醤油で味をととのえる
6 餅は焼いて椀に盛り、温めたかまぼこ、小松菜を入れ、
その上から鶏肉と汁を注ぎ、上に短冊に切った海苔を載せる

関西風雑煮(京都)
【材料4人前】
丸餅4個 鶏肉100g 里芋4個 人参50g 大根50g
小松菜100g だし3カップ 白味噌90~100g

【作り方】
1 鶏肉はそぎ切りにしてさっとゆでる
2 里芋は鶴の子、大根は日の出、人参は亀甲に切り下ゆで。 小松菜はさっとゆでておく
3 だしに材料を加えさっと煮て、味噌をとき加える
4 椀に湯の中で軟らかくした餅と具を盛り、 汁を注ぎ柚子を添える

今はこんな鏡開きが多いんでしょうね^^;

100円均一の鏡餅とか凄く売れてるって聞きますし・・・

 
ブログに書けない秘密の情報等はこちら↓

ほったらかしで毎月5万円稼ぐ方法がすごい!

毎月5万円楽して手に入れられたら何に使います?
0213_yji_01_03_17
top