ボラティリティトレード

こんにちは、山口です。

株やFX、先物をしているだけでは、ボラティリティなんてあまり気にしていないかもしれませんが、オプションをしていると色々気づくことがあります。

 

それは盛り上がったボラティリティは売れば勝てるということです。

 

例えば以下は日経平均ボラティリティー・インデックス(日経平均VI)のチャートですが、急落などがあると、下記のように跳ね上がります。

 日経IV

そして落ち着くと、下がっていきます。

 

ですので、ボラティリティが跳ね上がったら売って、落ち着いたら買い戻せば勝ててしまうわけです。

 

そして日経平均VI先物という金融商品があるので、これを単純に売ればいいはずなんですが、理屈と現実は違うわけです。

 

 

まず、1ポイント1万円の値動きをするんですが、出来高が少なすぎるため、まともに売買できません。

 

そして最大の難点が、ボラティリティは「上がったらだらだら下がる、下がったらいつか上がる」性質があります。

 

その日経平均VIの先物ですので、この特徴をすでに織り込んだ値になるため、実際の日経平均VIほど動かなかったりします。

 

日経225オプションを売ればいい

そこで日経225オプションの登場です、ボラティリティが跳ね上がったオプションを売ればいいんです。

 

ただ注意しないといけないのはボラティリティは上がったら下がるとはいえ、どこまで上がるかはわからないのです。

 

例えば下図のようにボラティリティが跳ね上がりました。

日経IV

よっしゃ売ってやる!とエントリーしたんですが、翌日になると…

 

日経IV

「ドカーン」とさらに跳ね上がってしまいました^^;

 

こんなことが起こると、何も考えずにオプションを売っているだけでは、負けてしまいます。

 

じゃあどうすればいいのかというと、ギリシャ指標がわかる人なら、ベガだけにしてやって、後は損失限定の組み合わせにすれば、負けることはあっても大損害を出して、相場から退場することはなくなります。

 

ちなみに日経平均VI先物はベガ10ですので出来高が増えてくれば将来何かに使えるかもしれませんね。

 

ボラティリティトレードまとめ

  • 株や先物FXなんかと違い、レンジで動く性質があるのがボラティリティ。
  • 高くなったら売れば勝てるし、安くなったら買えば勝てる。
  • 日経平均VI先物は実践では使いにくいので日経225オプションを使えばOK。
  • ただし、さらに飛び抜ける時の対策は忘れずに。

 

 

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓