資産運用で定期預金よりマシな方法

こんにちは、山口です。

実は銀行の定期預金より安全でいい運用先があります。

 

  • 将来が不安
  • 貯金を運用して老後に備えたい
  • 日本は少子高齢化で年金がもらえるかわからない
  • 銀行に預けても利息はほんの少し
  • でも数十年働いて稼いだお金だから、絶対に失いたくない

 

そういう人は、日本国債、「変動金利型10年満期」を買うのがおすすめです。

 

個人向けの日本国債なら株などのように元本割れリスクはないのでお金は減らないし(お金の価値が減るかもしれないが)、メガバンクの定期貯金より利回りはマシ、それに金利が上がった時には変動なので、そこそこ上がります。

 

これが固定金利型だと、銀行の金利が上がったのに自分の国債の利回りは低いまま、という悲しい事態になってしまいます。

 

そしてリスクの面でも日本国が潰れる確率より、銀行の方が潰れる可能性は高いので銀行に預けるよりも安全です。

 

でもリスクが全くないわけではなく、戦争で他国に占領されたり、国が借金で首が回らなくなったりしたら帳消しにされる可能性はあります。

 

ただこのような場合は銀行の定期預金も同様に酷くなってるはずですよね。

 

それに1年経てば解約しても元本割れはしない上に、国が保証しているので銀行よりも安全、つまり銀行の定期預金をする位なら日本国債の方がまだマシという結論になります。

 

日本国にお金を貸すのって大丈夫なの?

日本国債は日本国にお金を貸しているわけですが、日本は借金が1000兆円もあるとか聞くし、本当に大丈夫なのか不安に思うかもしれませんよね。

 

でも日本国債の買い手はほとんどが日本国民だから、最悪の場合日本国がお金を大量に刷って国民に返せばいいだけなんです。

 

当然そうなると、インフレになるのでお金は帰ってきたけど、お金の価値が目減りしたことになります。

 

これは銀行預金と一緒で国債はインフレリスクには弱いわけです。

 

とはいえ、リーマンショックとかの金融市場が混乱すると、安全資産として日本円が買われるわけなので、どこの国よりも相対的に安定しているとも言えますよね。

 

しかも国債の金利は0.05%より下がらないので、銀行預金よりもお得なんです。

 

日本国債の買い方

銀行ではなく、ネット証券会社に口座を開いて、国が新規に発行する「個人向け国債の変動金利型10年満期」を買えばOKです。

 

なぜ銀行でなく、ネット証券で国債を買うかというと、銀行の窓口では「営業」をされるからです。

 

銀行が手数料いっぱい稼げる投資信託なんかを、言葉巧みに売られる可能性があるので、そんなリスクと時間の浪費を避けるため。

 

そして国債を途中でやめたくなった場合は、過去1年分の金利をペナルティとして払えばOKです。

 

だから1年経てば解約しても元本割れはしない金融商品になっているんです。

 

とはいえ、日本国債や銀行預金のような手堅く見える金融商品でも実質的な価値は変化する事を忘れてはいけません。

 

それにたった0.05%0.1%程度の金利でお金を運用して満足できるほど元本を持っているんでしょうか?

 

金利0.1%として、1億円を運用したとしても年たったの10万円ですよ。

 

到底金利で生活できるレベルではありませんよね。

 

資産運用するなら、利率もほとんどない、インフレリスクのある国債や銀行預金よりも、もっと別のものに目を向ける必要がありるわけです。

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓