コールの売りとプットの売り

こんにちは、山口です。

「プットの売りは日経平均の暴落があるので危険、だからコールオプションを売るべき。」

こんな事を言う人もいます。

 

確かに万が一の時が多いのも、大きな損失を出すのもプットオプションでしょう。

 

ですが、そう言うことは市場は織り込み済みです。

 

その証拠に、ATMから同じ距離離れたコールのオプション、プットのオプションの値段(プレミアム)を比べると、必ず「コールオプション < プットオプション」という関係になります。

 

つまりプットオプションはコールオプションより危険な分、すでに値段(プレミアム)が高いのです。

 

コールとプットどっちが有利

じゃあ割安なファーアウトのコールオプションを売り続けると勝てるのでしょうか?

 

もしかしたら、割高なファーアウトのプットオプションを売っている方が、暴落時の大損を十分カバーするだけの利益を平常時に蓄えていけるかもしれません。

 

資金が無限にあり、途中で追証にならないと言う前提なら、実はコツコツドカンを繰り返しながらも、まだ右肩上がりのグラフになるのは「プットオプション」なのです。

 

つまりコールオプションは安すぎて万が一の時の損失をカバーするだけの利益を平常時には蓄えられないのです。

 

とはいえ、プラス圏で推移するので残念ながらコールオプションの買いが有利と言うわけではないんです。

 

 

こういうのも過去データがあれば調べることができるわけです。

オプションの過去データは有料ですがこちらで入手することができます。

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓