AppleID確認コードが認識しない場合の解決策

こんにちは、山口です。

MacBookをTime Machineから復元した時に、2ファクタ認証確認コードが無効になってしまう現象になったのでその解決法を記載しておきます。

 

iPhoneへのプッシュ通知やSMSでのメッセージなどでApple ID確認コードを受け取って、その通りに入力しても「もう一度確認コードを入力してください。」と表示され認証されませんでした。

 

半角と全角とかそういう問題でもなく

セキュリティーソフトとかの問題でもありませんでした。

 

解決策

MacBookの側で、AppleIDの確認コードを入力できる画面の状態にしておきます。

スポンサーリンク

 

その後Apple ID のアカウントページにサインインします。

https://appleid.apple.com/

 

そうすると、Apple ID のアカウントページにサインインした後にも、Apple ID確認コードを求められます。

 

その時の再度AppleID確認コードを受信して、入力します。

 

すると認証されてログインできました。

 

 

その後にMacBookにも同じApple ID確認コードを入力したら、承認してくれました。

 

検索しても解決策がなかったので、同じような現象で困っている人はWeb版でまずログインしてみてください。

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

【※1652名の方が講座に参加しています】

 

日経225オプション取引入門

 

スポンサーリンク

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓