以前Macで画像のGPS情報、EXIFデータを削除する方法
という記事を書いたけど、ブログに載せる時はAutomatorでリサイズして、
ImageOptimを使ってExif情報を削除しているんだけど
簡単とはいえ二度手間なので、なんとかないかと色々探していたら
AppleScript(アップルスクリプト)でもできるみたいでした。

が、さぱりAppleScriptなんて、よくわからないので困っていました。

AppleScriptで画像のExif情報を削除する方法

でも、もっと簡単な方法を見つけました
iPhoneとかで撮った写真はJPGなんですが、PNGファイルに変更すると
Exif情報を削除できるんです。(PNGがExif情報に対応していないため)

スポンサーリンク

という事は、Automatorでリサイズした後に画像形式をPNGファイルに変換してやれば
Exif情報を削除できて「情報だだ漏れ」を簡単に対策できるわけです!!

どうしてもJPG形式が良ければ、一旦PNGにした後にJPGに変更すればいいだけで
Automatorを使えば簡単ですよね。

Automatorの設定は以下の画像の通りです。

AutomatorExtf情報削除
AutomatorExtf情報削除

これで、一括で画像のリサイズ&Exif情報の削除ができちゃいます!

リサイズとExif情報の削除をいっぺんにしたい方は参考にして下さいね〜

無料プレゼント中!

・オプションオリジナル手法が知りたい!
・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事