「シャーガス病」初確認 一部は血液製剤などに加工

そもそもシャーガス病とは?
原虫クルーズトリパノソーマの感染を原因とする人獣共通感染症でアメリカトリパノソーマ病とも呼ばれています。
サシガメ類昆虫の刺咬によってヒト、イヌ、ネコ、サルなど150種以上の哺乳類に感染していきます。
また人同士の感染では献血した人の中に陽性の人がいると輸血で感染することもあり、
陽性の人は絶対に献血しないよう厚生労働省では呼びかけています。

スポンサーリンク

シャーガス病の症状としては
リンパ節、肝臓、脾臓の腫脹、筋肉痛、心筋炎、心肥大、脳脊髄炎、心臓障害、皮膚病変、または脳膿瘍を生じることがある。
妊娠の1〜5%において先天性感染が生じ、流産、死産または高死亡率を伴う慢性新生児疾患を引き起こす。

治療法としては
唯一の有効薬は、ニフルチモックス、またはベンズニダゾールのみで感染直後しか効果がない。

シャーガス病の原因となる感染したサシガメ類は北米、中米および南米において発見されていて
日本への中南米からの出稼ぎ者の中に、シャーガス病陽性患者が見つかっています。

日本で初確認されたようですし
血液製剤からの感染は今のところないとは言っても
今後は献血でのチェック等もっと厳しくしていかないとだめですね。
自己申告では防ぎようがありません。

無料プレゼント中!

・オプションオリジナル手法が知りたい!
・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事