季節の違いによって、呼び方が変わる

完全に米をつぶしたり、米粒が残った状態につぶした半殺しとか
あんこが粒あんだったりこしあんだったりいろんな違いがありそうですが
季節の違いによって、呼び方が変わるというのが一般的なようです。

漢字で書くと

おはぎ→お萩
ぼたもち→牡丹餅
となり漢字からもわかるように

「おはぎ」の語源は、秋の花「萩」から
「ぼたもち」の語源は、春の花「牡丹」からきています。

つまり春のお彼岸の時期に食べるものが ぼたもち
秋のお彼岸に食べるものが おはぎ

というわけです。

ちなみに今ではおはぎで一年中通している和菓子屋さん等が多いです。

他の季節では?

春や秋で呼び方が変わるおはぎですが
夏や冬にも呼び方があるんでしょうか?

調べてみると
夏は夜船
冬は北窓
と言われていたようです。

おはぎ1つをとっても、自然や季節との結びつけて4つの名前をつけるほど
表現豊かで感性のある日本文化に改めて日本はすごいな〜と思いました。

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

 

おすすめ記事




この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓