朝鮮通信使とは

室町時代から江戸時代にかけて李氏朝鮮より日本へ派遣された外交使節団。
朝鮮通信使は主として将軍家を祝賀するためにやってきた国使であり、
中国皇帝に対する朝貢使節と同様の役割、
すなわち将軍の権威の誇示に利用さていたわけです。

朝鮮通信使は李氏朝鮮を代表する国使だったわけです。

国使、朝鮮通信使の振る舞い

鶏を盗んで町人と喧嘩する朝鮮通信使
↑朝鮮聘礼使淀城着来図の一部『鶏を盗んで町人と喧嘩する朝鮮通信使』

通信使一行が町人の飼っている鶏を盗んで逃げようとし、
日本人と喧嘩になっている様子だそうです。
国使として国を代表して使わされた人達がこんな事するんですよ・・・

さらに通信使一行の中には、以下のような乱暴狼藉を働くものもいました。

スポンサーリンク

  • 屋内の壁に鼻水や唾を吐いたり小便を階段でする
  • 酒を飲みすぎたり門や柱を掘り出す
  • 席や屏風を割る
  • 馬を走らせて死に至らしめる
  • 供された食事に難癖をつける
  • 夜具や食器を盗む
  • 日本人下女を孕ませる
  • 魚なら大きいものを、野菜ならば季節外れのものを要求する
  • 予定外の行動を希望して拒絶した随行の対馬藩の者に唾を吐きかける

今と変わってませんよね
当時から日本人は朝鮮人が嫌いだったのでしょうw

しかも日本人を見下しているくせに
歴代の朝鮮通信使は日本の揚水式水車に興味を示して、
何度もその構造を絵図面に写して自国に持ち帰ったものの、
その後に李氏朝鮮でこの種の水車が用いられたという歴史がないので
自分たちでは作れなかったんでしょうね
かわいそうに。。。

他にも
室町時代には平仮名、片仮名と言った固有文字の存在に驚き
江戸時代には京都、大阪、江戸といった都市の絢爛豪華さに驚き
1420年の回礼使である宋希景は乞食が食物ではなく
銭を欲しがるような貨幣経済の発達に対して驚きの声を上げたそうです。

ま、こういう事実は韓国の歴史認識(ファンタジー)に都合が悪いため
韓国側では日本側による捏造・歪曲とされることが多いです。

韓国朝鮮では古くから朱子学が国教的存在であり、
異説を認めない立場が極めて強固であったことが
現在の歴史の事実を受け入れられない
体質の根底にあるのかもしれません

異論を認めない=自分で思考する事ができず
都合が悪いと火病を発症する。
幼稚な子供以下ですね。。。

一緒に稼ぎませんか?

一般販売されていない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、好きな事をして稼ぐ方法など
 

メルマガで無料で紹介して
読者さんと一緒に稼いでいます。
 

濃い情報等はメルマガ限定で配信中です。
いつでも配信解除できますので
お気軽に下記フォームから登録してくださいね。

氏名 
メールアドレス 

※Gmailやプロバイダーメールは届きやすいようです。5分経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーを確認してください。
※それでも届いていない場合は別のメールアドレスを登録してくださいね。

 

・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事