ご飯をいれるのにお茶碗?

いつもご飯を入れてたべてるあのうつわなんて言います?
「お茶碗」ですよね。。。

ご飯を入れるのに
お茶碗ってなんで?って事で調べてみました。

茶碗の歴史

そもそもお茶碗は
奈良時代から平安時代にかけて
お茶を飲むための器として、
お茶と一緒に大陸から持ち込まれました。

もともとは当時貴重なお茶を楽しむための
良質な器のことを茶碗とよび
お茶を飲む為のうつわ器だったんです。

スポンサーリンク

それが鎌倉時代になると
庶民にも喫茶の風習が広まって
碗形の陶磁器の総称が茶碗になったんです。

この頃からご飯を
木の器に入れていたのが磁器のものにかわり
茶碗でご飯を食べるようになっていきました。

というわけで
碗形の陶磁器は、お茶を飲まなくても
茶碗なんです

ご飯をいれるのに茶碗って言っても
虚偽表示じゃありませんw

色々な茶碗

もっと正確に言うと
ご飯を盛る器を飯茶碗
お茶を飲むための器を煎茶碗
コーヒーを飲む物ための器をコーヒー茶碗
と呼びます。

でも現在では
ご飯を盛る器を茶碗
お茶を飲むための器は湯のみ(湯のみ茶碗)
となりました〜

物に歴史ありですね〜

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

おすすめの記事

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓