ご飯をいれるのにお茶碗?

いつもご飯を入れてたべてるあのうつわなんて言います?
「お茶碗」ですよね。。。

ご飯を入れるのに
お茶碗ってなんで?って事で調べてみました。

茶碗の歴史

そもそもお茶碗は
奈良時代から平安時代にかけて
お茶を飲むための器として、
お茶と一緒に大陸から持ち込まれました。

もともとは当時貴重なお茶を楽しむための
良質な器のことを茶碗とよび
お茶を飲む為のうつわ器だったんです。

スポンサーリンク

それが鎌倉時代になると
庶民にも喫茶の風習が広まって
碗形の陶磁器の総称が茶碗になったんです。

この頃からご飯を
木の器に入れていたのが磁器のものにかわり
茶碗でご飯を食べるようになっていきました。

というわけで
碗形の陶磁器は、お茶を飲まなくても
茶碗なんです

ご飯をいれるのに茶碗って言っても
虚偽表示じゃありませんw

色々な茶碗

もっと正確に言うと
ご飯を盛る器を飯茶碗
お茶を飲むための器を煎茶碗
コーヒーを飲む物ための器をコーヒー茶碗
と呼びます。

でも現在では
ご飯を盛る器を茶碗
お茶を飲むための器は湯のみ(湯のみ茶碗)
となりました〜

物に歴史ありですね〜

無料プレゼント中!

・オプションオリジナル手法が知りたい!
・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事