先人の言い伝え・古伝承の大切さ

広島土砂災害で被害を受けた広島市安佐南区八木地区
この地域は、昔『八木蛇落地悪谷』(やぎじゃらくじあしだに)という地名だったという。

地元の人は地名の由来は
昔は蛇が降りるような水害が多かったから【蛇落地】、悪し谷だから【悪谷】になった
と言うのだ

八木蛇落地悪谷は、
八木上楽地芦谷(やぎじょうらくじあしや)と改名され
現在の八木となったそうだ。

土砂崩れが起こりやすい地域だと
先人たちはが警告し、地名としてくれていたのに
地名が変わり、先人達の言い伝えが忘れられてしまったのだ

「字 (あざ) 」 (小字) は、
自然災害や地質、土壌などに由来したものが多く、
危険を避けるための知恵として
古くから伝えられた地名のこともありますが

伝えられる途中で読みが変わったり
当て字で別の意味を持ってしまったり
ダムや堤防、灌漑、排水等人工的な手法により

現在は地名の由来と災害の危険性が一致しない事も多いですが
自然災害から名付けられた地名によくつけられる『音』を何個か紹介します。

スポンサーリンク

「ウメ」という読みが混ざる地名は
「梅」という字はあとで漢字を変更したことが多く
元は「埋め」という字で地崩れが起きて、
埋められた土地の可能性があり、地盤が弱いかも知れない。

地すべり、土砂崩れなどは、ホケ、フキ、アナ、クラ、カキ、ウメ、ナベ、フタ、クレ、タイ、アソなど。

過去に水害を経験した土地は、地名に特定の文字を含んでいる場合がある。
カワチ(川内)、ナダ(灘)、ウシ(牛)、サワ(沢)、フカ・フケ(深)、リュウ(竜)など

高潮、津波などがあった場所はヒロ、カガ、カチ、スカ、フクラ、アマベなど。

都市部では、かつて小字が存在していても
区画整理事業や住居表示の導入によって
小字が消滅していることが多いですが

先人の言い伝えを見直して見てもいいんじゃないでしょうか?
宅地購入や家の建築を計画されている方は
古い登記簿(閉鎖謄本)を入手して
ちょっと調べてみるのもいいかもしれませんね

参考URL
http://folklore.office-maeta.jp/007.htm
http://www.uraken.net/zatsugaku/zatsugaku_64.html
http://www2s.biglobe.ne.jp/~housego/home2/abunai.html

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

【※1652名の方が講座に参加しています】

 

日経225オプション取引入門

 

スポンサーリンク

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓