一目均衡表の遅行スパンとは?

一目均衡表で一番重要なのは遅行スパンって人も多いですよね。

そもそも遅行しパンは終値を26日前(過去)に描いたもの。
ほとんど半値で出来てる一目均衡表の中では、とても単純で異質です。

遅行スパンにどう言う意味があるの?

26日前の価格と比較することで、26日前に買った人がどう言う損益かわかるわけです。

つまり

スポンサーリンク

遅行スパンが価格の上にある場合は、26日前に買って保有している人は含み益の状態でイケイケの状態。

遅行スパンが価格の下にある場合は、26日前に買って保有している人は含み損を抱えて、頭も抱えている状態。

というわけです。

こういう理由から遅行スパンの好転が買いサイン、遅行スパンの逆転が売りサインと判断します。

均衡表の好転・逆転と合わせて、色々な角度から相場を見ることで、騙しを少なくしていくわけですね。

無料プレゼント中!

・オプションオリジナル手法が知りたい!
・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事