一目均衡表の遅行スパンとは?

一目均衡表で一番重要なのは遅行スパンって人も多いですよね。

そもそも遅行しパンは終値を26日前(過去)に描いたもの。
ほとんど半値で出来てる一目均衡表の中では、とても単純で異質です。

遅行スパンにどう言う意味があるの?

26日前の価格と比較することで、26日前に買った人がどう言う損益かわかるわけです。

つまり

遅行スパンが価格の上にある場合は、26日前に買って保有している人は含み益の状態でイケイケの状態。

遅行スパンが価格の下にある場合は、26日前に買って保有している人は含み損を抱えて、頭も抱えている状態。

というわけです。

こういう理由から遅行スパンの好転が買いサイン、遅行スパンの逆転が売りサインと判断します。

均衡表の好転・逆転と合わせて、色々な角度から相場を見ることで、騙しを少なくしていくわけですね。

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

 

おすすめ記事




この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓