一目均衡表の遅行スパンとは?

一目均衡表で一番重要なのは遅行スパンって人も多いですよね。

そもそも遅行しパンは終値を26日前(過去)に描いたもの。
ほとんど半値で出来てる一目均衡表の中では、とても単純で異質です。

遅行スパンにどう言う意味があるの?

26日前の価格と比較することで、26日前に買った人がどう言う損益かわかるわけです。

つまり

遅行スパンが価格の上にある場合は、26日前に買って保有している人は含み益の状態でイケイケの状態。

遅行スパンが価格の下にある場合は、26日前に買って保有している人は含み損を抱えて、頭も抱えている状態。

というわけです。

こういう理由から遅行スパンの好転が買いサイン、遅行スパンの逆転が売りサインと判断します。

均衡表の好転・逆転と合わせて、色々な角度から相場を見ることで、騙しを少なくしていくわけですね。

1
2
>

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

【※1652名の方が講座に参加しています】

おすすめの記事