一目均衡表の先行スパン1とは

転換線と基準線の半値を26日未来に描く線

上昇トレンドの深い押しは先行スパン1まで
下降トレンドの深い戻しは先行スパン1まで

一目均衡表の先行スパン2とは

過去52日間の最高値と最安値の半値を26日未来に描く線

長期の上げ相場だった場合、半値にいつ来るのが典型的なのかを示していて、時間の概念が入っています。

価格が先行スパン2に跳ね返されても、もうそんなに力は残ってない状態
価格が先行スパン2を抜けると三役好転、三役逆転となってトレンドが完全に終わり。

スポンサーリンク

なんで26日未来に描くの

52日間一直線に上げて、
同じように一直線に52日間下げるような相場だった場合
半値に到達するのはいつぐらいでしょうか?

下記の図だと分かりやすいかな?青の部分は何日になるでしょうか?
ichimoku3

半値に到達するのは、半分の期間で
52÷2で26日目となるわけです。

こういう相場を典型的な相場と位置付けてるので26日未来に半値の線を描くんですね。

【会社の給料に依存しない自由なライフスタイルを投資で実現する最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字)
メールアドレス

おすすめ記事