一目均衡表のトレンド相場とレンジ相場での違い

一般的な本や、証券会社のテクニカルの説明ページでの一目均衡表の解説はトレンド相場のときの使い方です。

トレンド相場での一目均衡表

それぞれの線(遅行スパンを除く)は押し目の限界点(半値=買いと売りの勢力が拮抗する場所)

スポンサーリンク

トレンド相場が続けば続くほどそれぞれの線は価格と平行になる。
 

レンジ相場での一目均衡表

それぞれの線(遅行スパンを除く)はレンジの中心を示す。(半値=買いと売りの勢力が拮抗する場所)

レンジ、ボックス相場、揉み合い相場が、長引けば長引くほど、すべての線は集約して一直線になる。

【会社の給料に依存しない自由なライフスタイルを投資で実現する最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字)
メールアドレス

おすすめ記事