一目均衡表の波動論とは

波動は三波動(N波動)が最小単位

一波動I波動 二波動V波動 三波動N波動
ichimokha

そして三波動の連続で価格変動が構成される。

三波動は連続して何波動にもなる(エリオット波動とはちょっと違う)

上昇のN波動と下降のN波動が合わさると
ichi3zon
三尊天井、ヘッドアンドショルダーズになる

波動の描き方は人それぞれ、自分のトレードにあった波動を描くのが正解。

一目均衡表の値幅観測論(計算値)とは

三波動目の価格の位置を予測する

レンジでもトレンドでも中心(半値)とノイズがある

スポンサーリンク

ichito

中心とノイズ幅が変わらないと仮定して次の頂点を予測、計算するのが計算値

計算式は、E計算値、N計算値、V計算値、NT計算値の4種類

一目均衡表の時間論

波動のそれぞれの時間経過を予測する
時間経過をつかさどるのが基本数値・対等数値

基本数値

変化しやすい日数
単純基本数値9、17、26と、
その組み合わせでできた複合基本数値(当日を含むため)
33=17+17−1
42=17+26−1
51=26+26−1
65=17+17+17+17−3
76=26+26+26−2
83=17+17+26+26−3
97=17+17+17+17+17+17−5
101=26+26+26+26−3

底から天井、天井から底、天井と天井、底と底が基本数値になりやすい

対等数値

重要な天底から重要な天底までの期間

ichi
 

時間論、計算値は、だいたいこの辺りで、だいたいこれ位の価格で、変化しやすいと予測する
重要な日付に重要な価格に到達すると大きな変化が起こり易い

無料プレゼント中!

・オプションオリジナル手法が知りたい!
・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事