一目均衡表の波動論とは

波動は三波動(N波動)が最小単位

一波動I波動 二波動V波動 三波動N波動
ichimokha

そして三波動の連続で価格変動が構成される。

三波動は連続して何波動にもなる(エリオット波動とはちょっと違う)

上昇のN波動と下降のN波動が合わさると
ichi3zon
三尊天井、ヘッドアンドショルダーズになる

波動の描き方は人それぞれ、自分のトレードにあった波動を描くのが正解。

一目均衡表の値幅観測論(計算値)とは

三波動目の価格の位置を予測する

レンジでもトレンドでも中心(半値)とノイズがある

ichito

中心とノイズ幅が変わらないと仮定して次の頂点を予測、計算するのが計算値

計算式は、E計算値、N計算値、V計算値、NT計算値の4種類

一目均衡表の時間論

波動のそれぞれの時間経過を予測する
時間経過をつかさどるのが基本数値・対等数値

基本数値

変化しやすい日数
単純基本数値9、17、26と、
その組み合わせでできた複合基本数値(当日を含むため)
33=17+17−1
42=17+26−1
51=26+26−1
65=17+17+17+17−3
76=26+26+26−2
83=17+17+26+26−3
97=17+17+17+17+17+17−5
101=26+26+26+26−3

底から天井、天井から底、天井と天井、底と底が基本数値になりやすい

対等数値

重要な天底から重要な天底までの期間

ichi
 

時間論、計算値は、だいたいこの辺りで、だいたいこれ位の価格で、変化しやすいと予測する
重要な日付に重要な価格に到達すると大きな変化が起こり易い

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

 

おすすめ記事




この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓