極右と極左でFrexit(フレグジット)になるのか

今回のフランス総選挙で注目点は、新しい大統領が「親EU派」か「反EU派」のどちらになるか?ということ。

 

以前までは

1回目の投票では、「親EU派」と「反EU派」の候補が残って、2回目の選挙で「親EU派」が勝つだろうと相場は望んでいる感じ。

 

2回目の投票で仮に「反EU派」が勝った場合、イギリスのブレグジットに続き、フレグジットになるのでは?と警戒していた。

 

 

ところが、極右のルペン候補が若干支持を減らし、ここに来て極左のメランション候補が支持を集めて来たらしい。

スポンサーリンク

 

 

つまり、1回目の投票で「極右」と「極左」が残る可能性もあるというのだ。

「極右」と「極左」はともに「反EUで親ロシア」

 

もしも4月23日の投票結果で「極右」と「極左」が残れば、ドイツと共にEUを支えて来たフランスがEU離脱

ユーロ暴落というシナリオもあり得る。

 

北朝鮮問題といい、なんだかやな感じ、当分はノーポジ最強か?

 

または、トランプ選挙、英国選挙、米国利上げ、いずれも直後に反対に大きく動いたので、売りと思えば買い、買いと思えば売りが正解かも

 

OPの買いだと、暴騰したらプットを買い、急落していたらコールを買いリバウンド狙いとか。損失は限定してるしね。

【会社の給料に依存しない自由なライフスタイルを投資で実現する最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字)
メールアドレス

おすすめ記事