2つの確率論

こんにちは山口です。

サイコロを振って「1」が出る確率は「1/6」

だと思いますよね。

 

でもこの確率が成り立つ前提は「完全なランダム」であることなんです。(ベイズ確率論)

 

実際はいくら精密にサイコロが作られているといっても、偏りがあるもの。

重心がちょっとずれてたりとかね。

スポンサーリンク

現実世界では「完全なランダム」はありえない。(デンプスターシェーファー理論)

 

なので1億回とかサイコロを振ると出目に偏りが出てくるもの。

 

そう考えれば、ナンバーズやロトの攻略とかつながり数字とか、引っ張り法則とかのオカルトっぽいのも、あながち的外れじゃないのかも

 

こういうちょっとしたズレとか偏りに淡々と掛けて儲けていくのがEAを使ったFX投資なんでしょうね〜

 

一緒に稼ぎませんか?

一般販売されていない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、好きな事をして稼ぐ方法など
 

メルマガで無料で紹介して
読者さんと一緒に稼いでいます。
 

濃い情報等はメルマガ限定で配信中です。
いつでも配信解除できますので
お気軽に下記フォームから登録してくださいね。

氏名 
メールアドレス 

※Gmailやプロバイダーメールは届きやすいようです。5分経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーを確認してください。
※それでも届いていない場合は別のメールアドレスを登録してくださいね。

 

・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事