仮想通貨の税金

こんにちは山口です。

仮想通貨(暗号通貨)の税金の計算方法は、今は「雑所得」が無難です。

今後国内FXや株、先物のように分離課税になるとは思いますが、今は累進課税の雑所得です。

 

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

これに住民税が10%プラスされます。

さらに国民健康保険料が最高額になります。毎月5万円以上になることも…

スポンサーリンク

 

1億円稼いだ場合

1億円×45%-控除額(479.6万円)+住民税(1億円×10%)=5020.4万円

プラス次年度の健康保険料とか、所得に応じて変動するものは全て最高額になります。

半分以上税金などで持って行かれます。

 

ビットコインやリップル、イーサリアムなどの暗号通貨で

「ヤッホー1億円稼いだぜ〜!」

って何も考えずに、翌年度税金が払えず大変なことになります。

 

仮想通貨の利益で課税されるのはいつ・バレないでしょ?

課税されるのは、仮想通貨を円(jpy)に利確した時点。出金した時点じゃ無いので要注意ですよ。

 

 

またバレないだろうと思って無申告とかしてしまうと追徴課税とかされますので、もっとひどい目にあいます。

本人確認のハガキ受け取ったりしましたよね?逃げられませんよ。

 

ちゃんと税理士さんに相談するか、税金のことを考えて、1億円使いたいから場合は1億円で利確したりせず、2億円まで我慢するとか対策しましょうね。

 

株と同じような分離課税になるまで長期保有しておくのがいいかなと個人的には思います。

一緒に稼ぎませんか?

一般販売されていない
3ヶ月で資金を倍にした自動売買ソフトや
投資方法、好きな事をして稼ぐ方法など
 

メルマガで無料で紹介して
読者さんと一緒に稼いでいます。
 

濃い情報等はメルマガ限定で配信中です。
いつでも配信解除できますので
お気軽に下記フォームから登録してくださいね。

氏名 
メールアドレス 

※Gmailやプロバイダーメールは届きやすいようです。5分経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダーを確認してください。
※それでも届いていない場合は別のメールアドレスを登録してくださいね。

 

・毎月5万円給料以外に収入源が欲しい!
・投資やお金に興味がある!
・アニメや萌えが好き!

そんな方は下の画像↓をクリックしてメルマガの詳細を確認してね
今だけ誰でも5万円稼げちゃう方法をプレゼント中

おすすめ記事