オプションの最終損益図

こんにちは山口です。

オプションはコールとプットの2つ

 コールオプション(ある物を、ある値段で買う権利)

 プットオプション(ある物を、ある値段で売る権利)

 

買も売りもできるので

 コールオプションの買い

 コールオプションの売り

 プットオプションの買い

 プットオプションの売り

の合計4つあると前回の記事で書きました。

 

今回は日本で一番メジャーな日経225オプションの、4つの損益図を比べていきます。

日経225先物の損益図

オプションの損益図に行く前に、(ほぼ)原資産である日経先物の損益図を見てみましょう。

日経先物1枚20000円で買い

日経先物が20000円より上がれば利益になり利益無限大

日経先物が20000円より下がれば損失になり損失無限大

500円上がれば、500円の利益 500円下がれば500円の損失です。

 

日経先物1枚20000円で売り

 

日経先物が20000円より下がれば利益になり利益無限大

日経先物が20000円より上がれば損失になり損失無限大

500円下がれば、500円の利益 500円上がれば500円の損失です。

 

まあ、馴染み深いというか、当たり前って感じですよね。

ほとんどの金融商品の損益図はこれに当てはまります。

 

コールオプションの損益図

権利行使価格20000円のコールオプションを300円を1枚買い

日経先物が20300円より上がれば利益になり利益無限大

日経先物が20300円より下がれば損失になり損失限定

20300円より500円上がれば、500円の利益

20300円より500円下がっても300円の損失

スポンサーリンク

 

権利行使価格20000円のコールオプションを300円を1枚売り

日経先物が20300円より上がれば損失になり損失無限大

日経先物が20300円より下がれば利益になり利益限定

20300円より500円上がれば、500円の損失

20300円より500円下がっても300円の利益

 

権利行使価格20000円というのは、個別株なら銘柄(ブリジストン、帝石)、FXならドル円、ユーロドルみたいなものです。

ですので権利行使価格20000円以外にも、権利行使価格20500円、権利行使価格19750円など沢山あります。

 

原資産は日経平均ですが、日経平均に連動する日経平均先物をほぼ原資産として説明しています。

プットオプションの損益図

権利行使価格20000円のプットオプションを300円を1枚買い

日経先物が19700円より上がれば損失になり損失限定

日経先物が19700円より下がれば利益になり利益無限大

19700円より500円上がっても、300円の損失

19700円より500円下ると500円の利益

 

権利行使価格20000円のプットオプションを300円を1枚売り

日経先物が19700円より上がれば利益になり利益限定

日経先物が19700円より下がれば損失になり損失無限大

19700円より500円上がっても、300円の利益

19700円より500円下ると500円の損失

オプションの損益のまとめ

原資産の日経平均先物は

買いも売りも利益無限大、損失無限大

 

オプションは

買いは利益無限大、損失限定

売りは利益限定、損失無限大

 

と一般的な金融商品とは全く違っています。

 

【毎月の収入をあと10万円増やす最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトに挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

おすすめ記事