オプションには偏りがある

こんにちは山口です。

前回のオプションの損益図の続きです。

 

日経先物(原資産)は同じ幅なら上がるのも下がるのも所詮確率50%ですよね。

 

その確率50%に対して、日経先物(FX、株、その他一般的な金融商品)は利益も損失も同じです。

500円上がれば500円利益、500円下がれば500円損失(買いの場合)

当たり前ですよね。

 

ところがオプションは、日経先物(原資産の値動き)の確率50%に対して利益と損失が違うのです。

500円上がれば500円利益、500円下がれば300円損失(例のコール買いの場合)

500円上がれば300円利益、500円下がれば500円損失(例のコール売りの場合)

 

投資をコイントスに例えると

コイントスはご存知でしょうか?

 

コインを上に投げて、投げて表か裏のどちらか当てるゲームです。

確率は2分の1、50%ですよね。

 

FX、先物、株の場合

一般的な投資は、コイントスで表か裏かを当てて、当たれば500円もらえて、はずれれば500円支払う、というゲームと同じ事なのです。

50%(1/2)の確率で+500円になるか-500円になるか、つまり

50%(1/2)×500円=250円

50%(1/2)×-500円=-250円

 

期待値0円

やればやるほど0円に近づいていきます。

 

これに過去のコインの裏表の統計(テクニカル)とか、コインを投げる時の状況、今は風が強いから(ファンダメンタルズ)などで確率をあげようとしているのです。

 

利益幅や損切幅を2:1に変えても同じです。

コインを2回投げる、1回目裏が出たら-500円で終了、2回表が出たら1000円、裏が出たら無効試合(再スタート)

(0から500円上がる確率と、-500円の損切になる確率は1/2、500円上ったあと更に500円上って利益確定になる確率と-500円になって0に戻る確率は1/2)

1/2×-500=-250

1/2×1/2×1000=250

 

期待値0円

やればやるほど0円です。

 

オプションの場合

500円上がれば500円利益、500円下がれば300円損失(例のコール買いの場合)

500円上がれば300円利益、500円下がれば500円損失(例のコール売りの場合)

偏りのあるオプションなら楽勝な気がしますよね。

コイントスで表か裏かを当てて、当たれば500円もらえて、はずれれば300円支払うわけですから…

 

ところがそんなに上手く行かず、オプションの場合は、主催者と参加者、元締めとプレイヤー、麻雀だと親と子のような関係が絡んできます。

ゲームに参加するには、参加者は主催者に参加費、諸場代を、払わないといけないのです。

 

300円の参加費を主催者にまず支払います。そしてコイントスをして表が出れば500円もらえます。裏が出たら参加費もらってるからチャラでいいよ、というルールです。

1/2×(500-300)=100

1/2×-300=-150

 

期待値-50円

このルールだと参加者は、ゲームを続ければ続けるほどお金が減っていきます、主催者はボロ儲けです。

 

でもこれだと誰も参加しませんよね、なので主催者はゲームに参加してもらうために、参加者に夢を見せます。

 

いつものルールが90%なのですが、たまにラッキーチャンスとして利益度外視で

参加費300円。コイントスをして表が出れば1000円もらえます。裏が出たら参加費もらってるからチャラでいいよ、というルールを、参加者、主催者ともにはわからないように仕掛けています。

 

コインを投げて結果が出たあとにWチャンス!として1/10の確率のラッキーチャンスくじを主催者が引くのです。

しかも参加者が貰える金額は1000円固定ではなくてランダムです。2000円の時もあれば、確率は低いですが5000円の時もあります。

 

1000円の時だと

1/2×(1000-300)=350

1/2×-300=-150

 

期待値200円

このルールの時は参加者は、ゲームを続ければ続けるほどお金が儲かり、主催者は大赤字です。

 

オプションの投資はコイントスで例えるとこんな感じです。

 

オプションなら胴元、元締め、主催者になれます

そして、オプション投資の場合は、参加者にも、主催者にも簡単になれるんです。

 

参加者になりたい場合は、オプションの買いを選びます。

オプションの買いが参加者

 コールオプション買い

 プットオプション買い

 

主催者になりたい場合は、オプションの売りを選びます。

オプションの売りが主催者

 コールオプション売り

 プットオプション売り

 

ただし、主催者になったとしても、ラッキーチャンスで参加者が有利になるゲームを避けることは出来ません、完全ランダムなので、元締めになった途端大赤字のゲームに当たることがあります。

 

オプションの有利不利

つまりオプションはFXや株、先物と違い、買いと売りの間に有利不利が存在します。

基本的に

 買い=参加者は不利

 売り=胴元、主催者は有利

です。

ただしラッキーチャンスでは逆転しますが…

 

このように、オプションにはFXや株、先物にない偏りがあるので、上手く利用すれば勝てそうな気がしませんか?

 

さらにオプションにはFXや株、先物にはない「絶対の法則」が存在するので、確率50%の世界から抜け出す事ができるんです。

 

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

おすすめ記事



この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓