日経225オプションのコール売り

こんにちは山口です。

今回は日経225オプションのコール売りについて説明していきます。

 

日経225オプションは単位が1000倍なので10円利益なら実際は1万円の利益になります。

逆も同じです、100円損失なら、実際は10万円の損失になります。

日経225先物の損益図

オプションの損益図を見る前に、同じ日経平均株価を原資産としている日経225先物の損益図の例を見てみましょう。

 

以下は日経225先物が20000円の時に売りをした場合の損益図です。

価格が上がれば損失になり、価格が下がれば利益になる、利益無限大、損失無限大の損益グラフになります。

 

この損益図は、FXでも株式でも投資信託でも同じです。

 

では肝心の日経225オプションのコールを売った場合はどうなるか見ていきましょう。

 

日経225オプションのコール売りの最終損益図

簡略化するために、最終損益図(=SQの時にどうなるのか)を見ていきます。

 

日経225先物が20000円の時に、日経225オプションコール20000円を300円の価格(プレミアム)で売りました。

 

その場合の最終損益図は下記のようになります。

日経先物を売った場合の損益図とは大きく異なり、損失無限大利益限定のグラフになります。

 

利益は最初に売った300円に限定され、一方損失は無限大です。

 

ですが、最初に300円でコールを売って利益を得ているため、SQでは20300円以上の日経平均株価にならないと損失になりません。

先物の指値利益確定注文とはどう違うの?

コールオプションの売りの損益図は、先物を売って利益確定注文をした場合と似た損益図になりますよね。

 

ですが、先物の利益確定注文と、コールオプション売りの違いは

1、損益分岐点が違う

先物は建値が損益分岐点ですが、オプションの場合は売って得たオプションコールの価格を上乗せしたところが損益分岐点になり先物より有利になります。

 

2、ポジションの保有

先物の利益確定注文の場合は、一度でもその価格に達したらポジションを解消してしまいます。(ノーポジ、損失確定)

 

ですが、オプションコール売りの場合は、SQ日前にいくら日経平均株価が下がっても、SQの時に損益分岐点より上ならば、マイナスになってしまいます。

 

この点は注意が必要です。

コールオプション売りの効果的な売買の仕方

下落相場の時にコールを売っておく。

上昇するかもしれないが、停滞や上がってもそんなに上がらない場合にコールを売っておく

などが考えられます。

 

あまり相場が動かない、もしくは相場が下がる時にコールオプションを売って予想が当たれば、利益が得られます。

先物、FX、株式などとは違い、下落予想が外れて相場が動かない、少し上昇した場合でも利益にすることができます。

 

【会社の給料に依存しない自由なライフスタイルを投資で実現する最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字)
メールアドレス

おすすめ記事