日経225オプションの証拠金とは

こんにちは山口です。

今回は日経225オプションの証拠金について説明していきます。

 

まず日経225オプションで証拠金が必要なのは「売り」のみです。

日経225オプションの「買い」では証拠金は必要ありません。

 

ですので、日経225オプションの売りを見ていきます。

 

ちなみに今回紹介する証拠金の計算方法は国内の主な証券会社の方法です。

IB証券などでは独自の証拠金算出方法をとっていますのでご注意ください。

日経225オプション売りの証拠金

まずSPAN証拠金というのがあってこれが定期的に変動しています。

 

オプションの証拠金はSPAN証拠金額-ネットオプション価値の総額になります。

ネットオプション価値とは

ネットオプション価値(Net Option Value)とは、

買オプション価値の総額から売りオプション価値の総額を差し引いた額のことになります。

複数のオプションを保有して合成ポジションを作る場合が多いので、差し引きし多額でリスクを算出しているわけです。

 

日経225オプションの証拠金を計算してみる

オプションの証拠金は「SPAN証拠金額-ネットオプション価値」ですので

 

例えばSPAN証拠金が60万円だった時に

証券会社が定めるSPAN係数は100%でした。

そして権利行使価格20000円のコールオプションを300円で新規で1枚売りました。

当日の清算価格(日中取引終了後の値洗い時)が200円だった場合

 

証拠金

60万円*100%-(0-200円×1000倍×1枚)=80万円になります。

受入証拠金

300円×1000倍×1枚=30万円(オプション売りは最初のお金がもらえます。)

 

ですので、30万円-80万円で-50万円足りません。

必要な証拠金は50万円が必要になります。

日経225オプションの証拠金の注意点

同じ証拠金取引である、FXや株式の信用取引、日経225先物と日経225オプション取引では証拠金に関して違う点があります。

 

それは日々証拠金が変動する事です。

 

FXや先物でも証拠金が変動することはありますよね、原資産の価格が上がったり、先物だとSPAN証拠金が値上げされたり。

 

ですが、それ以上に日経225オプションは証拠金が変動します。

 

売りポジションを持った時、証拠金が

60万円*100%-(0-200円×1000倍×1枚)=80万円だったとしても、

翌日の値洗いの時に清算値が200円から400円になっていた場合

60万円*100%-(0-400円×1000倍×1枚)=100万円になります。

 

しかも、証拠金が大きく必要になった上に、含み損も抱えた状態になりますので、資金に余裕がないと追証になる可能性が出てきます。

 

この不利に相場が動いた場合に、含み損を抱える以外に、証拠金が跳ね上がる感覚は、FXや先物にはないものですので、注意しておきましょう。

 

証拠金計算の中に、「買オプション価値の総額から売りオプション価値の総額を差し引いた額」があることからもわかるように、買いオプションを同時に持つと証拠金を安くすることもできますので覚えておきましょう。

 

日経225オプションの証拠金のまとめ

オプションの証拠金は、売りのみにかかる。

そして、不利に動いた場合は、含み損以外にも証拠金も多く必要になる。

このことを覚えておきましょう。

 

 

 

【会社の給料に依存しない自由なライフスタイルを投資で実現する最も簡単な方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字)
メールアドレス

おすすめ記事