ITM(イン・ザ・マネー)とは

こんにちは山口です。

今回は日経225オプションのITM(イン・ザ・マネー)について説明していきます。

 

オプションの価格は、本質的価値と時間的価値から成り立っています。

 

で、この本質的価値がゼロより大きい状態のことをITM(インザマネー)といいます。

 

ITM具体的には?

文字だけではわかりにくいと思うので実際のデータで見て見ましょう。

 

日経225オプション取引入門

 

日経平均株価が22150.49円の時のオプション価格の一覧です。

 

この時、ATM(アット・ザ・マネー)の銘柄は22,125円になります。

 

本質的価値がゼロより大きい状態とは、今現在買い手が権利行使した場合プラスになる銘柄のことです。

 

ですのでコールの場合はATM(アット・ザ・マネー)より、権利行使価格が低いもの

プットの場合はATM(アット・ザ・マネー)より、権利行使価格が高いものになります。

 

図の黄色矢印の部分がITM(イン・ザ・マネー)の銘柄になります。

 

ITM(イン・ザ・マネー)どう使う?

例えば、日経平均が22000円の時に

 

コール21000円を1080円で買い

プット23000円を930円で買い

をしました。

 

この場合、2010円×1000倍の201万円が必要になります。

 

 

ですが、

SQ24000円の時、

コール21000円は、3000円の利益になります。

プット23000円は、0円になります。

合計3000円の利益-最初のオプション取得費2010円

 

SQ23000円の時、

コール21000円は、2000円の利益になります。

プット23000円は、0円になります。

合計2000円の利益-最初のオプション取得費2010円

 

SQ22000円の時、

コール21000円は、1000円の利益になります。

プット23000円は、1000円の利益になります。

合計2000円の利益-最初のオプション取得費2010円

 

SQ21000円の時、

コール21000円は、0円になります。

プット23000円は、2000円の利益になります。

合計2000円の利益-最初のオプション取得費2010円

 

SQ20000円の時、

コール21000円は、0円になります。

プット23000円は、3000円の利益になります。

合計3000円の利益-最初のオプション取得費2010円

 

となります。

つまり、最初に201万円必要ですが、追証もなく最大10万円の損失で、相場が上下1000円以上大きく動けば大きな利益を狙えます。

 

あまり意味がないように見えますが、OTM(アウトオブ・ザ・マネー)で同じようなことをするよりも最大損失は少なくて済みます。

 

これは、時間的価値がOTM>ITMだからなんです。

 

実際の取引では板がスカスカなので、本来のオプション価値を計算する方法とかわかってないと大火傷してしまいますけどね^^;

 

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

苗字 メール

※1652名の方が講座に参加しています

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓