限月(げんげつ)と月限(がつぎり)の違い

こんにちは山口です。

 

今回は限月(げんげつ)と月限(がつぎり)の違いについて解説します。

 

この二つは字も似てますしややこしいのですよね^^;

 

まず限月は「オプション取引で、建玉が満期を迎える月のこと」です。

次に、月限は●月に決済期限を迎える物を「●月限」と言います。

 

限月(げんげつ)と月限(がつぎり)具体的には?

ですので、今日が11月30日だった場合

第1限月は12月限となります。

 

第1限月は「今から一番早く期日を迎える限月」のことでしたよね。

ですので、12月が決済期日の12月限が第1限月になるのです。

 

ではこの場合第2限月は、どうなるでしょうか?

 

ちょっと考えて見ましょう。

 

 

そうですね、1月限が第2限月になります。

 

年末年始付近になると、「第1限月?」「1月限?」と混乱するかもしれませんが、

限月(げんげつ)と月限(がつぎり)は違うので覚えておきましょう。

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓