限月(げんげつ)と月限(がつぎり)の違い

こんにちは山口です。

 

今回は限月(げんげつ)と月限(がつぎり)の違いについて解説します。

 

この二つは字も似てますしややこしいのですよね^^;

 

まず限月は「オプション取引で、建玉が満期を迎える月のこと」です。

次に、月限は●月に決済期限を迎える物を「●月限」と言います。

 

限月(げんげつ)と月限(がつぎり)具体的には?

ですので、今日が11月30日だった場合

第1限月は12月限となります。

 

第1限月は「今から一番早く期日を迎える限月」のことでしたよね。

ですので、12月が決済期日の12月限が第1限月になるのです。

 

ではこの場合第2限月は、どうなるでしょうか?

 

ちょっと考えて見ましょう。

 

 

そうですね、1月限が第2限月になります。

 

年末年始付近になると、「第1限月?」「1月限?」と混乱するかもしれませんが、

限月(げんげつ)と月限(がつぎり)は違うので覚えておきましょう。

参考 オプションの組み合わせの基本的な考え方

参考 愚者は過去を語り、賢者は現在を語り、狂者は未来を語る。

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

【※1652名の方が講座に参加しています】

  日経225オプション取引入門   この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓