日経225オプションSPAN証拠金シュミレータとは

こんにちは山口です

今回はSPAN証拠金シュミレーターの使い方を説明していきます。

 

SPAN証拠金シュミレーターの使い方がわかると、自分がエントリーしようとしているポジションがどれぐらいの証拠金が必要なのか?

 

どの順番でエントリーするのがいいのか?

 

が、わかるようになります。

 

ぜひ使えるようになっておきましょう。今回はPC版、Web版を使っていますが、スマホ版(アプリ)でも使い方は同じですよ。

日経225オプションSPAN証拠金シュミレータの使い方

まず、SBI証券のHPの先物オプション取引画面にログインします。

右側のSPANシュミレータをクリックします。

日経225オプション取引入門

 

次はポジションを持ちたい銘柄を選んで追加を押します。

日経225オプション取引入門

今回は23000円のコールを選びました。

 

日経225オプション取引入門

追加を押すとこのように画面の下に追加されていきます。

 

 

もう一つ、24000円のコールも追加します。

日経225オプション取引入門

 

これで準備は整いました。

 

23000円コールを5枚売りたいので、数量のところに「5」と入力して、シュミレーション計算をクリックします。

日経225オプション取引入門

 

すると必要委託証拠金が表示されました。

日経225オプション取引入門

 

270万円近く必要みたいですね。

 

証拠金が100万円しかないと仮定して、これではちょっと予算オーバです^^;

というわけで、次は24000円コールを20枚買ってみます。

 

日経225オプション取引入門

「20」と入力してシュミレーション計算をクリックすると、必要委托証拠金は95.9万円と表示されました。

 

これなら予算内です。

 

でも売りから入ると270万円近く証拠金が必要なので、買いから入ることを検討します。

日経225オプション取引入門

買いだけ20枚にしてシュミレーション計算すると、54万円必要とでました。

 

そのあとにコールオプションを5枚売ると

日経225オプション取引入門

95.9万円と表示されました。

 

日経225オプションSPAN証拠金シュミレータのまとめ

 

証拠金が100万円しかない場合

コール23000円売り5枚をエントリーしてから、コール24000円買い20枚は出来ません。

ですが、

コール24000円買い20枚をエントリーしてから、コール23000円売り5枚はすることができます。

 

ネッティングありの証券会社だと、このように証拠金が少なくてもエントリーの順番を工夫することで、証拠金を圧縮することができます。

 

日経225オプションSPAN証拠金シュミレータをうまく使って注文時の証拠金を圧縮しましょう!

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓