日経平均が上下に大きく変動すると予想する戦略

こんにちは山口です。

今回は日経平均株価が大きく上下に動くと予想する時に使える戦略、ロングストラングルを紹介します。

 

ロングストラングルとは

同じ限月、異なる権利行使価格のコールとプットオプションを同時に買います。

 

日経平均株価が権利行使価格から大きく離れるほど利益は無限大に増加していきます。

 

最大損失はOTMの場合はコールとプットオプションの購入金額までです。

 

ITMでロングストラングルを組むと、また変わってきてOTMよりも有利になる部分もあります。

 

詳しくは別の記事で書いてあるのでそちらを参考にしてください。

ロングストラングルの損益図

日経225オプション取引入門

具体的には?

ATMが20000円の時

コール20500円を200円で買い

プット19500円を220円で買い

 

この場合最大損失は

(200+220)×1000倍=42万円

 

損益分岐点は

20500+(200+220)=20920円

19500-(200+220)=19080円

 

利益は無限大となります。

ロングストラドルとロングストラングルの違い

同じ日経平均が上下に大きく変動すると予想する戦略のロングストラドルとどこが違うかというと

 

ロングストラドルに比べて、ロングストラングルは最大損失額が減少します。

 

ただしそのかわりに、ロングストラングルはロングストラドルよりも、大きな日経平均株価の変動がないと利益にすることができません。

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓