日経225オプション取引リバースカレンダースプレッド戦略

こんにちは山口です。

今回はリバースカレンダースプレッド戦略について説明して行きます。

 

リバースカレンダースプレッドは、基本的には、日経平均が大きく動くと予想した時、ボラティリティが下がる事を期待する戦略です。

 

ただし、時間が敵になりますので、注意が必要です。

 

リバースカレンダースプレッドの組み方

期近(きぢか)のコール(プット)オプションを買います。

そして期先(きさき)の同じ権利行使価格のコール(プット)オプションを売ります。

 

カレンダースプレッドと真逆になります。

 

カレンダー系の戦略はこのように、期近(きぢか)と期先(きさき)の異限月を使った戦略になります。

リバースカレンダースプレッドの損益図は?

日経225オプション取引入門

 

具体的には?

ATM20000円の時

11月限の20000円コールを200円で買い

12月限の20000円コールを350円で売り

 

第一限月のSQ時点で日経平均株価が20000円だった場合

11月限の20000円コールを200円で買いは、0円になるので200円の損失

12月限の20000円コールを350円で売りは、その時の相場次第ですが

150円以下まで目減りしていればトータルでプラスになります。

 

同一限月の組み合わせより複雑になってきますが、ボラティリティが減少する、日経平均が大きく動くと予想する場合仕掛けると勝つことができます。

 

応用編ではもっと突っ込んだ事を書いています。

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

苗字 メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓