収入を得るための4つのモデル

こんにちは、山口です。

今回は「収入モデルを意識しよう」というお話です。

 

まず収入モデルは下記の図のように4つあります。

 

従業員=employee

自営業者=self employee

ビジネスオーナー=business owner

投資家=investor

 

この4つの頭文字をとってESBIモデルと言ったりします。

従業員と自営業者は労働収入で

ビジネスオーナーと投資家が権利収入になります。

 

それそれの特徴は

従業員の特徴

自分の時間を対価として収入を得ているので、自由な時間が少ない

自分の労働力を対価として収入を得ているので、収入に限界がある(労働力以上の収入にはならない)

人生の主導権が自分にはなく、会社にある

 

自営業者の特徴

自分の時間を対価として収入を得ているので、自由な時間が少ない

自分の労働力を対価として収入を得ているので、収入に限界がある(労働力以上の収入にはならない)

人生の主導権が自分にある

 

ビジネスオーナーの特徴

権利収入を得ることができる(人を雇う)

自由な時間がある

人生の主導権が自分にある

 

投資家の特徴

権利収入を得ることができる(お金でお金を稼ぐ

自由な時間がある

人生の主導権が自分にある

 

レバレッジが大切

どのタイプにもメリットがありデメリットがあるので、どれを目指すかは個人の自由ですが、最低でも人生の主導権は自分に欲しいなとは思います。

 

また「従業員と自営業者」と「ビジネスオーナーと投資家」の違いはレバレッジにあります。

 

自分1人では最大でも1馬力

ですが人を使ったり、お金を使うことで10馬力でも100馬力でも実現することが可能になっています。

 

投資においても同じで、レバレッジをうまく活用した方が有利になります。

 

まず「本業以外でお金を稼ぎたい!」って考えている段階の方は、チャレンジしようとしている分野が、従業員、自営業者、ビジネスオーナー、投資家のどれなのかしっかり見極めるようにしましょうね。

 

せっかく本業以外で稼ごうと思っているのに「主導権のない従業員の分野」では悲しすぎますし、うまく言っても先がありません。

 

せめて、自営業者、ビジネスオーナー、投資家

できれば、ビジネスオーナー、投資家

を目指しましょう!

 

個人的にはビジネスオーナーよりも、投資家のほうが自分1人で完結できるので簡単だと思います。

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

おすすめ記事



この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓