トレーダーは研究職、知識だけでは勝てない

こんにちは、山口です。

今回は「トレーダーは研究職、知識だけでは勝てない」というお話です。

 

トレーダーは研究職と似てると思うんですよね。

というのも、不確実な相場を研究して優位性を見つけて、売買ルールに落とし込むわけです。

 

この売買ルールは論文みたいなもので、再現性がないといけません。

 

〇〇細胞を発見した!作り方はこうだよ、と発表しても

だれもその作り方で、〇〇細胞を作れなければ、非難されるわけです。

再現性が大事

トレーダーにとっても、この再現性というのはとても大事だと考えます。

 

というのも、トレード手法に言語化できない部分があり、その部分がキモだったりする場合があります。

こういうのは、裁量トレード手法に多いですよね。

 

この場合、自身の精神状態や、考え方の変化など、何かのきっかけで、この言語化できない部分がわからなくなる事が考えられます。

 

いわゆる「スランプ」とかいうやつです。

 

自分では全く同じように売買ルール通り実行していても、突如勝てなくなるのです。

 

この時、売買ルールに完璧なものなどないので、たまたま負けが重なっている状態なのか?

言語化できない部分を自分が実行できなくて売買ルールが機能しなくなったのか?

これがわかりません。

 

たまたま負けが重なってる場合は、ルールを信じて続けるか、ちょっと休憩してからまたルール通り売買すればいいですが、

 

言語化できな部分が自分でもわからなくなった場合、これは対策のしようがないですよね^^;

 

この為、売買ルールは研究者が論文の手順を書くように、再現性がないとダメなのです。

知識だけではダメ

また、お勉強した知識だけでも、不確実な相場には太刀打ちできません。

 

研究者のように、知識から仮説を導き出して、実際の物事に当てはめ仮説を検証、理論を導き出すのです。

 

例えば子供の頃に習った、リンゴが木から落ちるのをきっかけにニュートンが万有引力の法則を見つけました。

そのニュートン力学を知識と持っていても、ミクロの世界ではこの法則が通用しません。

 

そこで、量子力学などができてくるわけですが、もしミクロの世界でニュートン力学が通用するか検証しなければ、法則が通用しないのに、ずっとニュートン力学を適用し続けるしかないのです。

 

トレードだと、移動平均線のゴールデンクロスで買い、デッドクロスで売りという知識を得たとして、果たしてそれだけで通用するのでしょうか?

 

研究者のように、知識をもとに不確実性な相場を研究して優位性を見つけて、売買ルールに落とし込む、これがトレーダーにも必要なのです。

予想しないトレード術

オプショントレードは、予想をやめれば勝てます。

チャートとにらめっこする「無駄な時間」を激減させ、お金と時間に縛られない生活を手に入れたい!

あなたがもし、そんな日々が欲しいと考えるなら、

今すぐ、予想することをやめてください。

成功するしかない、目から鱗の

”予想しないトレード術”

を使って、日常を激変させませんか?

 

リーマンショックで数千万の損失を出し、それまでの生活を崩壊させた男が見つけた「予想しないトレード術」。

ネットビジネスや副業で稼ぎたい投資が初めての方や、お金が減るだけだった投資で勝ちたいトレーダーさんが、一日一分程度ポチポチ作業するだけで、だれでも同じように稼げるようになる。

会社に縛られずお金と時間に余裕のある、悠々自適に過ごすプロが使う、目から鱗の”予想しないトレード術”で一緒に稼ぎましょう!

日経225オプション取引入門

オプション取引

オプションの入門から稼ぎ方までの動画100本超・9時間超のコンテンツを今すぐに無料でお届けします。

【※1652名の方が講座に参加しています】

  日経225オプション取引入門   この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓