トレンドラインの正しい引き方

こんにちは、山口です。

今回は「トレンドラインの正しい引き方」についてお話しします。

 

例えばこんなチャートがあったらどんなトレンドラインを引きますか?

 

ヒゲ同士を結んだこんなトレンドラインを引きますか?

 

それともローソク足の本体同士を結んだトレンドラインを引きますか?

 

それとも直近を重視した、こんなトレンドラインを引きますか?

トレンドラインとはこのように、何本でも、どんな種類だって引くことができます。

そこで、トレンドラインの正しい引き方はどれだろう?と悩むわけですが、

そもそもトレンドラインに正しい引き方なんてありません。

 

他の記事でも書いていますが、相場に「正解」なんてありません。

正解があるのは子供の頃の学習問題だけです。

 

トレンドラインとは自分の都合でどうとでも引くことができるものなのです。

 

例えば売りポジションを持っていて、下がって欲しい場合はこんなトレンドラインを引くことができます。

 

 

時間軸を変えればさらにいろんなラインを引くことができます。

 

上昇して欲しい時は上昇トレンドラインが引けますし、下降して欲しい時は下降トレンドラインを引き続けることも可能です。

 

トレンドラインはトレーダーの思惑次第

つまりトレンドラインはどんどんトレーダーの思惑で引きなおすことができます。

 

例えばこの段階で上昇トレンドを引いたとします。

 

その後、上昇して欲しい場合はこのようなラインを引きなおすでしょう。

 

逆に下落して欲しい場合はこのようなラインを引くことも可能です。

 

自分のポジションを正当化するトレンドラインをいとも簡単に引くことができるのです。

そのため、下手をするとトレンドラインが逆にあなたの正常な判断を鈍らせる結果になります。

 

トレンドラインに正しい引き方や正解などないのです。

 

下がって欲しい人、上がって欲しい人がいることを前提で、どのラインを多くの人引いているだろうか?を意識して、相場は不確実、混沌、どんなことも起こりうる、と分かった上でトレンドラインを引く場合は活用しましょう。

 

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

おすすめ記事



この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓