レジャーナノSにもリスクはある

こんにちは、山口です。

仮想通貨に投資をしている人は、コインチェックの一件もあって「取引所は危険だ、自分で管理しよう」となってる人が大半だと思います。

 

で、盛んにいろんなブログで紹介されているのが「レジャーナノS」とよばれるUSBフラッシュメモリーとクライアント(ウォレット)が一緒になったもの。

 

アフィリ報酬があるから、みんな絶賛して紹介しているけど

 

でもこれって、

  • 秘密鍵がわからない
  • 本体をなくしてもリカバリーフレーズで復元できる(どこかにバックアップがある?)
  • レジャーナノSの会社が倒産したらどうするの?

など、結構リスクはあると考えます。

 

プログラムに詳しい人なら、秘密鍵を何とか取り出す方法があるみたいで、ブログなどで公開されている方もいますが、一般人には結構大変そう^^;

 

「本体をなくしても、新しいレジャーナノSにリカバリーフレーズを入れればOK」ってことは、どこかにバックアップがある?

 

さらにアップデートをしないと使えなくなったり(Twitterでは結構手間取っている人も)

 

レジャーナノSの会社が潰れても、もう一つのハードウェアウォレットと互換性があるから大丈夫って言ってる人もいますが、レジャーナノSしか対応していない仮想通貨はどうするんでしょう…

 

シェアがすごいので、レジャーナノSを狙ったウイルスも出てきたり…

 

それなりのリスクはあります。

 

取引所のリスクはなくなったかもですが、メーカーのリスクがあります。

自分でレジャーナノSを作ればいいじゃん

ですので、自分でUSBフラッシュメモリーを買ってきて(セキュリティー対応のものとかありますよね)

 

その中にデスクトップクライアントやウォレットを入れておけばいいんじゃないでしょうか?

 

ネットからは切断されていますし、レジャーナノSと同じ状態です。

 

秘密鍵もわかるので、紙に書いておけばペーパーウォレットも作れます。

 

USBが壊れても秘密鍵さえわかれば安心ですよね。

ペーパーウォレットをUSBに

それも面倒なら、ペーパーウォレット作成ツールで作成してPDFにしてUSBに入れておけばOKです。

 

ただこの場合は、

  • ペーパーウォレット作成ツールが信用できるのか?
  • 仮想通貨を送金する場合は、デスクトップクライアント・ウォレットなどが必要

と結局いつかは、デスクトップクライアントが必要になります。

どの方法もリスクはある

仮想通貨の保管方法は、どの方法もリスクがあります。

 

あとはそのリスクを理解した上で自分で選ぶと後悔しにくいですよ。

 

今回のコインチェックのNEM盗難の件では、「補償」してくれましたが、自分で管理していた場合誰も補償してくれません。

 

そういうことも考えて、セルフGOXが一番怖いなら、取引所に置いとくのも選択肢の一つです。

 

どのリスクを自分で取っていくか、保管方法も投資と一緒ですね^^

誰でも簡単に投資で儲かる

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%の日経225オプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

日経225オプション取引入門

苗字(漢字) メール

 

日経225オプション取引入門

 

この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓