鏡開きは毎年1月11日におこなわれるのが一般的です。

1月11日に正月の間に神様に供えていた鏡餅を下げて、
一家円満や無病息災と延命を願いながらお雑煮やお汁粉にして食べる習慣が「鏡開き」です。

もともと鏡開きは武家社会の風習が一般化したものなので
鏡もちを刃物で切るのは切腹を連想させるために敬遠され、
手や木づちで割ったり、砕いたりします。

京都や関西の一部では1月4日に鏡開きをする事もあります。

お雑煮のレシピを関西と関東の代表的な物を紹介しておきます。

関東風雑煮
【材料4人前】
切餅4個 鶏肉80g 小松菜120g かまぼこ 海苔1枚
だし3カップ 塩、醤油適宜

【作り方】
1 鶏肉はそぎ切りにしておく
2 小松菜はゆでて5~6cmの長さに切る
3 かまぼこは熱湯を通してから8枚に切る
4 だしを煮立て、鶏肉を入れて弱火で煮る
5 4に塩、醤油で味をととのえる
6 餅は焼いて椀に盛り、温めたかまぼこ、小松菜を入れ、
その上から鶏肉と汁を注ぎ、上に短冊に切った海苔を載せる

関西風雑煮(京都)
【材料4人前】
丸餅4個 鶏肉100g 里芋4個 人参50g 大根50g
小松菜100g だし3カップ 白味噌90~100g

【作り方】
1 鶏肉はそぎ切りにしてさっとゆでる
2 里芋は鶴の子、大根は日の出、人参は亀甲に切り下ゆで。 小松菜はさっとゆでておく
3 だしに材料を加えさっと煮て、味噌をとき加える
4 椀に湯の中で軟らかくした餅と具を盛り、 汁を注ぎ柚子を添える

今はこんな鏡開きが多いんでしょうね^^;

100円均一の鏡餅とか凄く売れてるって聞きますし・・・

【人生の主導権を会社から取り戻して自分の時間を大切にする方法】

給料以外に副収入が欲しいけど

・在宅で稼げると思いアフィリエイトやせどり転売に挑戦したが挫折した

・FXや株、日経先物・オプション投資をしてるけど勝てない!

・相場の上下がなかなか当てられない!

損切り貧乏、メンタルが弱い!

 

でも勝てるようになって、口座残高を見てニヤニヤしたい!

「楽チンで予想せず誰でも簡単に稼げる」再現性100%のオプション投資手法を知りたい!

 

そんなあなたは下の画像↓をクリックして詳細を確認してください。

ご覧頂いた方からの感想もたくさん掲載中です^^

苗字(漢字) メール

 

おすすめ記事




この記事を「知らないよりは知っていた方がいいね!」「為になった!!」「分かり易い!!」と言う場合は、是非「いいね!」「シェア」「ツイート」「はてなブックマーク」「LINE」「メルマガ登録」をお願いします↓